冷暖房空調

家電製品の中で電気を一番多く使うのはエアコンです。一般のご家庭の中でエアコンの電気代はダントツ1位の25.2%。つまり電気代の約1/4はエアコンです。それだけに買替えの時は、省エネ機種を選ぶことが大切です。

illust_kuutyou-11.jpg

エアコンの注意信号、こんなときはそろそろ買替え?

  • 最近冷えが悪くなってきた、寒い朝は暖房が弱い。
  • 以前より電気代が増えたように感じる。
  • 運転音が高くて、テレビの音量を上げたことがある 。

エアコンを選ぶとき

  • 「冷えない、暖まらない」ってことがないように、もっと効率良く使うために、お部屋の広さや冷・暖房負荷に見合った能力のエアコンを設置することが大切です。
  • カタログには、能力に応じてお部屋の広さのめやすが表示されています。家の構造や間取りなど、お部屋の条件を考慮して選びましょう。
  • インバータ制御のエアコンは、運転開始時に急速冷・暖房ができ、設定温度に近づくと効率の良い運転に自動的に変わります。
    運転時間の大半が、能力・消費電力をセーブした効率的な運転のため、大きな省エネ性を発揮します。

省エネミニ知識

  • 断熱の良い家屋は最大の省エネ効果があります。これから新築・増改築をお考えの際にはぜひ断熱材のご使用をおすすめします。
  • ヒートポンプ方式のエアコンでは電気ヒーターの約6倍の熱エネルギーが得られ効率の良い暖房ができます。
  • 最近のエアコンは10年以上前のものと比べ、電気代が約40%もお徳です。
  • goHome
  • goTop

Select

  • TOTO
  • INAX
  • HITACHI
  • MITSUBISHI
  • クリナップ
  • sunwave
  • タカラスタンダード
  • noritz
  • コロナ
  • リフォームにい〜わよ!軟水
  • TERAL
  • 川本ポンプ
  • TOTOリモデル
  • 電化住宅.com