キッチン

食事の用意をするキッチンは、生活の中心となる大切な空間。

毎日の料理が楽しくなる。誰かといっしょに作りたくなる。そんな空間へのリフォームしませんか?
いろいろなデザインやコンセプトの違うキッチンがあります。
メーカーもシリーズもたくさんありすぎて、どれにしようかと迷われるのではないでしょうか。
皆様の生活スタイルや、ご予算に応じたキッチン選び、ご提案いたします。

キッチン・台所のタイプ・レイアウト

I型キッチン

I型キッチン シンク・コンロ台・調理台を横並びに配置するタイプのキッチンです。

作業がすべて横移動となるため、リフォームの際にはシンク・コンロ台・調理台の位置関係(=順序)やスペース取りには熟考が必要となります。シンクや調理スペースが狭くならないように注意しましょう。壁や窓に向かうタイプ、オープンキッチン、アイランド型のいずれのリフォームにも対応可能です。

L型キッチン

L型キッチン 文字通りL字型に配置するタイプのキッチンです。

キッチンルームの角を利用して壁に沿って造り付ける壁付けタイプの他、L字の1辺を壁側に造ってもう1辺を凸型に突き出して対面キッチンにするペニンシュラ型、また、アイランド型としてリフォームすることも可能です。壁付けタイプの場合、キッチンルームのスペースを効率良く使うことができます。窓に向けると風通しが良くて明るいキッチンへとリフォームすることもできます。

II型キッチン

II型キッチン キッチン台を2列に分け、平行に設置するタイプのキッチンです。

動線が短くできて、作業能率を高められるのが特長。但し、2列間の幅(=通路)の取り方には注意が必要です。狭すぎると、ご家族と一緒に調理する時に作業がしにくく、炎が出る調理器具への注意も必要となります。なお平均的な通路幅は90~120cmと言われています。

U型キッチン

U型キッチン U型といっても、楕円形に造るわけではなく、「コ」の字型に配置するタイプのキッチンです。

シンクやコンロの位置取りは自由。両端の部分の延長線に冷蔵庫や食器棚などを配する場合が多いため、リフォームにおいては、“我が家の道具の位置関係”を考慮することが不可欠です。

アイランド型キッチン

アイランド型キッチン キッチン台をダイニングのどこの壁にもくっつけずに設置するタイプのキッチンです。

解放感が高く、動線も自在。また、キッチン台をはさんでどちら側にいても作業できるため、複数の人がお料理をする際に便利な配置です。ホームパーティなどを行いたいというご家庭にはおすすめのリフォームプランです。

ペニンシュラ型キッチン

ペニンシュラ型キッチン L型、U型の一部が壁から半島のように突き出したタイプのキッチンです。

キッチン台の一部または全体を壁から縦長い凸字のように突き出して設置するタイプのキッチンです。
主にオープンキッチンやセミオープンキッチンとして造られます。一方の端が壁にくっつくかたちとなるため、I型キッチンやL字型キッチンと融合させたスタイルのリフォームが可能。外側の下部にも収納スペースを設けるなど、ダイニングのトータルリフォームと合わせて考えるのも一つの方法です。

キッチンのリフォームプラン

【クリナップ】S・Sライトパッケージ 「食」を追求、探求の道具

クリナップ 【クリナップ】S・Sライトパッケージ
無理・無駄をなくした収納スタイル
強くて優しい素材「18-8ステンレス」
手を使わずにワンアクション

  • goHome
  • goTop

Select

  • TOTO
  • INAX
  • HITACHI
  • MITSUBISHI
  • クリナップ
  • sunwave
  • タカラスタンダード
  • noritz
  • コロナ
  • リフォームにい〜わよ!軟水
  • TERAL
  • 川本ポンプ
  • TOTOリモデル
  • 電化住宅.com